• ホーム
  • ED治療薬の価格は高い?保険は適用されるの?

ED治療薬の価格は高い?保険は適用されるの?

ED治療薬を使う上で気になるのは、値段という方もいらっしゃることでしょう。実はED治療薬は日本薬局方に乗っているバイアグラやシアリスなどでも保険適用外になるのです。これはEDの治療や検査そのものが日本で認められていないからです。つまり、病院で処方してもらって保険適用で安くなるわけではないのが、日本の実情です。バイアグラなどでは1錠あたり1600円程度かかるのが普通ですが、院内処方かそうでないかでも若干価格が変わるようです。

また、バイアグラは先発医薬品なので値段も高いですが、ジェネリック医薬品を用いることでED治療薬の値段を大きく下げることもできます。1錠あたり1000円を超えるような薬なんて、そんなに飲めないよと思われる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、内部疾患などのお薬とは異なり、ED治療薬は性行為をする前にだけ飲むものですから、毎日服用するようなお薬ではありません。パートナーの方との充実した性行為を実現できると考えたら、1回当たりの費用など些細なものではないでしょうか。

また日本泌尿器科学会などはEDの治療に対しての保険適用を求める動きもあり、今後日本国内でED治療薬の保険適用が認められる可能性もあります。主要先進国では性行為はQOL(クオリティ・オブ・ライフ)の重要な要素であり、他の病気と同じように健康保険が適用されるのが一般的です。今後の動きも注視しておきたいところです。

また、バイアグラなどの先行したED治療薬に比べると、同じ成分を含有する後発の薬、つまりジェネリック医薬品に含まれるED治療薬であれば1錠あたりの価格が大きく下がるので、ED治療薬を見当している方は、以下の薬も選択肢に入るでしょう。バイアグラのジェネリックである東和薬品株式会社のトーワやキッセイ薬品工業のキッセイ、富士化学工業のFCI。シアリスのジェネリックであるアジャンタファーマ社のタダリス、シプラ社のタダシップ、エレクタリス、ファイザー社のタダリフト、マクレオーズ社のメガリス、サン・ファーマ社のフォーゼスト。それにレビトラのジェネリックであるアジャンタファーマ社のバリフ、センチュリオンラボラトリーズ社のビリトラ、サンライズレメディ社のジェビトラ、サバ・メディカ社のサビトラ、マクレオーズ社のシルビトラ。これらは日本国内で認可されておらず、多くが個人輸入通販サイトでの取り扱いになりますので、使用を検討する場合はそれらのサイトで調べてみることをおすすめします。